物流コンサルタント

「ロジスティクス」

無限の可能性で

多くのニーズにお答えします。

About us

株式会社SY-Linkは、倉庫やトラックなどのアセット(施設、設備)を持たない物流会社です。最適な運営方法や拠点、物流業者、情報システムを含めた包括的な物流を構築し、運営・サポートすることにより、荷主企業様のコスト削減、サービスレベルの改善を実現しています。

50社以上の運送会社と良い関係性があり、独自のネットワークと、さらに共同配送をする事で、配送クオリティの向上や運送コストの削減を実現いたします。
 

ご利用までの流れ

SY-Linkの3PL
サード・パーティー・ロジスティクス

「Third(3rd)Party Logistics(略して3PL)」とは、一般的に、荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し遂行することを言います。

基本的には、荷主と運送業者という「利益相反」する関係による不都合を解決するためにノウハウを持った第三者(日本では運送業者と同一である場合もある)が、荷主の立場に立ってロジスティクスの企画・設計・運営を行う事業が「3PL」だと考えられています。

(日本通運社HPより引用)

 

「3PL」と従来型の「元請け」との違い

 

元請け:運送会社(売り手)が提供するサービスのこと

3PL:荷主(買い手)でも、運送会社(売り手)でもない第三者が提供するサービスのこと

 

3PLの魅力

 

3PLの第一の魅力は、なんといっても「第三者が買い手側の立場に立って物流を構築してくれる」という点です。
運送会社や物流会社などのいわゆる「売り手」から提案されるサービスを選ぶのではなく、自社(買い手)にとって、必要なサービスを第三者が自社に代わって作り上げて、運営をしてくれるというものです。

 

SY-Linkと大手物流業者との違い

 

大手物流企業の場合は、自社になるべく多くの業務を取り込むことを目的としています。
(丸抱え)
当社の場合は、市場にある物流会社の中から最適なサービス・事業者を選定してご提案をします。
(最適化)

一般的な3PLサービスの選定基準

一般的に言うと、お客様の事業規模によってサービスの向き・不向きがあります。

 

管理コストについて

大手企業に比べて、弊社のような中小事業者は単純に管理コスト(間接部門費用)が安価であるというメリットも有ります。
エスワイ・ロジステックスは1994年の創業当初から、3PLというスタイルを貫いています。(当時は3PLという言葉もあまり普及していませんでした)以来、20を超える企業の物流業務の3PL化を実現してまいりました。みなさまの企業の物流合理化に役立つノウハウが必ずありますので、是非一度お問い合わせくださいませ。

 

 

04-7113-2074

営業時間:8:00~17:00 (土日祝休)